■ Preserved Folwerとは  

フレッシュフラワー(生花)から樹液を抜いた後、食べ物で使われるオーガニックの色素やグリセリンなどで作られた特殊液(プリザーブト溶液)を植物自身の力で吸い上げさせ、長期間保存するための加工を施した花のことを言います。

生花と違い、水替えなどの手間がかかりません。
また、ドライフラワーとは違い、見た目は生花と区別が付かないくらいのソフト感と瑞々しさがあります。

プリザーブトフラワーは1991年にフランスのベルモント社によって開発されました。
Preserved(プリザーブト)とは、保存するという意味です。

■ ドライフラワーとの違い  

花の組織を壊さないように溶液と色素を吸収させているため、やわらかく弾力があり、まるで生花そのもののような瑞々しさを保っているのが魅力です。
保存液を吸い上げさせると同時に着色加工も出来ることから、生花には見られない多彩な色のバリエーションを楽しむことも出来ます。

■ Rreserved Flowerの管理方法  

光が直接当たらず乾湿の差の小さい場所に置くと、美しい色を長持ちさせることが出来ます。

・水をかけないで下さい。
 湿度には弱いお花です。湿気の多い場所に置くと花びらが透けたようになることがありますのでご注意下さい。

・エアコンなどの風が直接当たらないようにご注意下さい。
 急激な乾燥は花びらのひび割れの原因などになります。
 また、乾燥を繰り返すと花びらを支えるガクが脆くなり、花自体が落ちてしまうこともあります。

・濃い色のお花は色落ちしやすいのでご注意下さい。
 梅雨時など、湿度の高い時期は淡い色のお花や、布地と長時間接触していると色移りする場合がございます。
 もしも洋服などに色移りをしてしまった場合は、なるべくお早めにクリーニングへお出し下さい。
 「染料は食品や衣類に使われているものと同じ」とお伝え頂くといいでしょう。

■ Preserved Folwerのリペア方法  

湿気によるダメージの場合は修復可能です。
シリカゲルなどの除湿材と一緒に箱に入れてゆっくりと乾燥させて下さい。

埃を被ってしまったのが気になる場合は、手で払うと花びらを痛めてしまいますので、ドライヤーの冷風など、弱い風でそっと埃を飛ばして下さい。

生花の持つ瑞々しさと、柔らかな色合い。
ドライフラワーの持つ枯れない(水をあげる必要が無い)という両方の特徴を合わせ持つプリザーブドフラワーは、保管状況にもよりますが、数ヶ月~3年以上お楽しみ頂けると言われております。

当店では4年前に製作した、プリザーブドフラワーを仕込んだウェルカムボードSummer Sugar(サマーシュガー)を常時店頭に飾らせて頂いております。
やや色褪せてきてはいるものの、それも自然の時の重ね方として好評を頂いております。

また、ご結婚、ご出産などのメモリアルを始めとして、ちょっとしたGiftなどにも最適なプリザーブドフラワーのアレンジを多数取り扱っておりますので、水やりなどの手間もかからないため、受け取られる方にも大変喜ばれているプリザーブドフラワーのギフトを是非ご利用頂ければ幸いです。